夕暮れの大型マンション

最近はインターネット付きのマンションや賃貸アパートが増えてきているので、入居すればそのままインターネットが使えるという物件も多くなっています。

 

しかし、ご自身でインターネット契約をしなくてはならない集合住宅はまだ多いですし、付いていても、

「今のインターネット回線が遅すぎて使い物にならない」

といったこともあったりします。

そういった場合は、ご自身で新しいネット回線を引くのを検討することと思いますが、どうせなら速くて安いネット回線を選びたいですよね。

 

そこで気になるのがNURO光です。NURO光の快適さと月額の安さは今や多くの方に知れ渡っているので、集合住宅にお住いの方でも「NURO光を使いたい」という方はたくさんいます。

では、NURO光は集合住宅でも使えるのでしょうか?

 

答えとしては、

  • 集合住宅でもNURO光は使える
  • NURO光には集合住宅向けの契約がある
  • しかしほとんどの方は集合住宅でも戸建タイプの契約をする

といったお答えになります。

 

集合住宅向けのプランがあるのに、集合住宅でNURO光の回線を引く方のほとんどが、戸建タイプのNURO光を契約しているというのが実際のところなのです。ちなみに私もマンションでNURO光を使用していますが、やはり戸建タイプの契約をしています。

では、それはなぜなのでしょうか?

 

まず、集合住宅向けのNURO光は、

NURO光 for マンション

という名称です。(名称には「マンション」と書いてありますが、アパートなどの集合住宅でももちろん使えます)

そして他の光回線でも集合住宅プランの方が安いのと同じく、NURO光 for マンションは戸建プランよりも大幅に月額が安くなっています

しかし、実際にNURO光のマンションプランをご契約する方は本当に少ないのです。

 

その理由は、

  • 集合住宅内で利用する方を4人以上集める必要がある
  • 条件が合わなくなると利用中でも解約になる可能性がある

といった条件があるからなんです。詳細は下でご説明しますが、この2点の理由からNURO光 for マンションは万人にオススメできる内容とはなっていません。

逆に、戸建てプランのNURO光にはこういった条件がありませんので、集合住宅でも戸建てプランを契約している方が多いんです。

 

なお、NURO光 for マンションをオススメできるのは以下の方です。

  • 戸数の多い集合住宅に住んでいる
  • NURO光を使いたい方が複数戸いる
  • そのみなさんが長期に渡って引っ越しの予定がない
  • その人たちはみんな良好な関係を築けている

中でも、「全員が良好な関係を築けている」というのは意外と重要なんです。それはNURO光 for マンションの少し特殊な契約条件が関係しています。

 

では、その特殊な契約条件であるNURO光 for マンションの内容や、その月額、注意点などをご説明していきたいと思います。

この記事を読んで、「自分はNURO光 for マンションは合ってそうだ!」と本当に感じた方であれば、その方にはNURO光 for マンションをばっちりオススメできます^^

NURO光 for マンションを契約するための条件は?

NURo光 for マンションの条件を考える女性

コラボ光やauひかりなどのNTT回線を使用する場合は、それらの光回線がすでに導入済みの集合住宅であれば、すぐにマンションタイプの契約ができます。

 

しかし、NURO光 for マンションは数年前に始まった新しいサービスなので、まだまだ導入されているマンションが少ないのが実情です。また、集合住宅にNURO光回線が導入されているだけではNURO光 for マンションを契約することはできません

 

なぜならNURO光 for マンションは、

4世帯以上が使っていないと契約できない

からです。

 

そこで、まずはNURO光 for マンションを使うためのこの条件について詳しくご説明していきたいと思います。

 

4世帯以上の方がNURO光を使わなくてはいけない

先ほどから、「NURO光 for マンションの契約条件はちょっと変わってます」としきりに書いていますが、実際の契約条件とはどのようなものなのでしょうか?

 

先ほどのように、その契約条件とは、

  • 4部屋以上の方がNURO光を契約する必要がある

というものです。つまり、「NURO光 for マンションを使いたい」という方が、同じ集合住宅内に4世帯以上いなくてはならないということですね。

もし4世帯以上集まらない場合は、単純にNURO光 for マンションは使うことができません。

 

では、自分を含めた4世帯はどうやって集めるのでしょうか?

実は、

ご自身で声をかけてNURO光を使いたい方を集めなくてはならない

のです。言い換えれば、同じ集合住宅に住んでいる方に、

「一緒にNURO光 for マンションを使いませんか?」

と、ご自身が営業をかけてNURO光を使う方を集める必要があるんです。

 

このようにNURO光 for マンションには、

  • 4世帯以上が契約する必要がある
  • 契約世帯が足りない場合はご自身で声をかけなくてはいけない

という条件があります。これらをクリアするのはちょっと大変そうですね。

けれど、これらの条件がクリアできれば、とても安い料金でNURO光の快適なインターネットを使うことができます(なお、NURO光 for マンションの月額については下でご説明しますね)。

 

ちなみに、NURO光 for マンションの公式サイトでは以下のような画像をダウンロードできます。

NURO光 for マンションの掲示板用案内ポスター

これを印刷してマンションの掲示板などに貼っておけば、NURO光を使いたい方が集まってくるかもしれませんので、必要に応じて使うと効果的ですよ。(この案内用ポスターはNURO光 for マンション サービス概要のページからダウンロードできます)

 

なお、もし上記の条件をクリアできない場合でも、NURO光の戸建タイプならこのような制限はありません

NURO光は戸建てでも元々の月額が4,743円と安いので、集合住宅でも通常のNURO光を使うという方法もあります。実際に私はマンションに住んでいますが、戸建タイプのNURO光を使っています。

戸建のNURO光の月額プランは2種類!圧倒的におトクなのはどちら?

 

NURO光の戸建タイプはドコモ光のマンションタイプなどと比べると500~700円ほど月額が高くなりますが、それでどこよりも快適なインターネットを使えるのなら安いものです。

さらに言うと、ウイルス対策代や高速ネットに対応した無線ルーター代も全て含まれているので、それを考えると高くはありません。

 

実際にマンションでNURO光の戸建てタイプを使っている他の方に聞いてみても、

「NURO光だとネットがとても速いし月額は高いとは感じない」

という答えが返ってきました^^

 

ちなみにNURO光の戸建てタイプには様々なキャッシュバックキャンペーンなどがあります。もし戸建てタイプの契約を考えている方はキャンペーンを使わないと損をしますので、しっかりとキャンペーンをチェックして下さいね。

40戸以上のマンションなら1人でも申し込める

一人でもNURO光 for マンションキャンペーン

2019年7月9日現在、当キャンペーンは終了しました。もし1人でNURO光をご利用になる場合は、NURO光 一戸建てプランを利用しましょう。「マンションでも一戸建てプランを利用できるかどうか?」については、こちらの記事をご覧ください。

 

さて、上では、「NURO光 for マンションを使うためには4世帯以上集める必要がある」とお伝えしました。

 

けれど、

1人でもNURO光 for マンションが使えるキャンペーン

というものが現在、期間限定で行われています

おひとり様でも設備導入工事実地中!NURO光 for マンション

 

ただしこのお一人様キャンペーンには適用条件があり、それは以下のようになっています。

  • 集合住宅の総戸数が40戸以上であること
  • 総階数が3階建て以上であること

少し大きめのマンションなら満たせそうな内容ですね。

なお、「上記を満たしていれば一人でも必ずNURO光 for マンションを使えるわけではない」ということには注意です。

 

NURO光のマンションタイプを使うためには、その建物にNURO光のマンション用の設備を入れなければなりません。この工事はご自身で勝手に行うわけにはいかないので、必ずマンションの管理組合ないしはオーナーの方の許可が必要となります。

ですので、NURO光 for マンションを導入検討されている方は、まず初めに管理人さんに相談することから始めましょう。

 

また、この設備の導入工事が物理的に難しい物件の場合はNURO光 for マンションは使えません。

その場合でも通常の戸建てプランのNURO光は使える可能性はあるので、そういった方は戸建てタイプも検討してみるのが良いと思います。

マンションタイプの月額や料金は?

NURO光 for マンションの月額は?

では、NURO光 for マンションの導入条件がわかったところで、気になる月額の話に移りましょう。

 

まず、NURO光 for マンションの月額は以下の表のようになります。

契約者数4-6人7人8人9人10人
月額2,500円2,400円2,300円2,200円1,900円

 

見ていただくとわかるように非常に安い月額となっていますが、「おやっ?」と思うことが一つありますね。そうなんです、マンションタイプのNURO光はその集合住宅内での契約戸数によって月額料金が変動するんです

そして使用する戸数が多ければ多いほど、その月額が安くなる仕組みとなっています。

POINT

同じ集合住宅内でNURO光 for マンションを使う世帯が多いほどおトク

 

それにしても、最低利用人数である4人でもその月額は2,500円です。前述のようにNURO光 for マンションを使用する条件はなかなか厳しいですが、もし条件をクリアしてマンションタイプを使えるようになった時にはとっても安い月額が待っています

なお、補足ですが上記の「一人でもNURO光 for マンションが導入できるキャンペーン」を使用して申し込んだ場合、契約戸数が3組以下の時の月額は2,500円となります。

 

なぜ契約戸数によって月額が変わるの?

さて、集合住宅内で契約戸数が多ければ多いほどNURO光の月額が安くなるマンションタイプですが、なぜ人数に応じて料金が変わるのでしょうか?

 

ここで、まずはNURO光 for マンションの月額の内訳を詳しく見ていきます。

契約者数4-6人7人8人9人10人
月額2,500円2,400円2,300円2,200円1,900円
Hands-up会費900円800円700円600円300円
基本月額1,600円

この「Hands-up会費」と「基本月額費」を合わせた額が、NURO光 for マンションの実際の「月額」となっています。

基本月額というのはNURO光の回線利用料ですが、この「Hands-up会費」って何なのでしょう?

 

実はNURO光 for マンションは他の光回線と違って、

  • 集合住宅へのNURO光の設備導入費
  • 導入後のNURO光の設備維持費

を全てNURO光 for マンションを利用する契約者が負担する必要があります。基本的には、管理人もしくはオーナーの方の料金の負担は一切ありません。

ですので、これらの料金をNURO光契約世帯全員でしっかりと運用しなくてはいけないのです。

 

そこでこれらの管理のために自動的に設立されるのが、

Hands-upという団体

になります。また、団体を設立する以上はその団体の運営費用もかかってきます。

 

つまり、

  • NURO光の設備導入費
  • NURO光の設備維持費
  • Hands-upの運営費

の3つを合わせた額が、Hands-up会費となっている訳です。

これらの費用はNURO光を利用する人が多ければ多いほどみなさんで分割できるので、人数が増えればその月額も小さくて済むということですね。

 

なお、NURO光 for マンションを契約した方は自動的にHand-up会員となるわけですが、基本的には月額をしっかりと支払うために設立されるものです。ですので、毎月のお支払い以外でしなくてはならないことは特にはありませんので安心してください。

 

月額のほかにかかる初期費用はある?

NURO光 for マンションは宅内工事費もかかる

さて、NURO光 for マンションの月額がとっても安いことはわかりました。続いては、月額以外にかかる費用についてお伝えします。

 

NURO光 for マンションで月額以外にかかる費用は以下の2つの初期費用です。

  • 契約事務手数料3,000円
  • 宅内工事費40,000円

 

契約事務手数料は大抵の契約事でかかるものなので、予想していた方は多いと思います。なお、この契約事務手数料は初回のお支払い時に引き落とされるのですが、初月の引き落としは月額が全額割引となります。

ですので、初月の実際のお支払いは契約事務手数料の3,000円のみです。

 

では続いてNURO光の宅内工事費についてですが、40,000円という表記を見て「そんなに高いの?」とびっくりした方もいるのではないでしょうか?(なお、後の項で出てくる設備導入工事費とは別なので、こんがらないようにして下さいね)

けれど結論から言うと、この宅内工事費40,000円は実質無料になるので安心してください。

 

まず、NURO光 for マンションの宅内工事費は分割払いになっていて、下記のようなお支払い金額となっています。

1,111円×36ヶ月=40,000円の分割払い

※実際には39,996円ですが、公式サイトではわかりやすく40,000円と記載しています

 

しかし、同時に36ヶ月間は毎月1,111円が割引されるので実質の宅内工事費のお支払いは無料となるんです。

POINT1,111円×36ヶ月間割引されて宅内工事費は実質かからない

 

このキャンペーンは現在どこから申し込んでも適用されますが、申し込む際は念の為にNURO光 for マンションの公式キャンペーンページを確認してから申し込むようにしましょう。

 

なお、この宅内工事費無料キャンペーンについて1点だけ注意点があります

それは、

36ヶ月以内にNURO光を解約すると宅内工事費の残債を払わなくてはならない

ということ。これはNURO光を解約した時点で宅内工事費実質無料キャンペーンの適用も終わってしまう為です。

例えばNURO光が開通してから20ヶ月目に解約した場合、宅内工事費はあと「36-20=16ヶ月分」残っているので、解約時には残りの「16ヶ月×1,111円=17,776円」の工事費をご自身で支払わなければなりません。

 

ですので無駄な出費を抑えるためにも、NURO光 for マンションを契約するときは長期間に渡ってNURO光を使うことを想定しておいた方が良さそうです。

POINT36ヶ月以内に解約すると工事費の残りを支払う必要がある

NURO光 for マンションの注意点は?

NURO光 for マンションの注意点

ここまででNURO光 for マンションの基本的な内容はだいたいおわかりになったかと思います。

周りにもNURO光を使いたい方がいて契約することができれば、非常に月額が安いので魅力的なNURO光 for マンション。

 

ですが、いくつかの注意点もあります。ですので続いてはその注意点についてしっかりとお伝えしていきますね。

 

2年間の継続利用が条件となっている

インターネット回線の契約はほとんどがそうですが、NURO光 for マンションもやはり継続利用を前提とした契約となっていて、更新月以外に解約すると解約金がかかります

 

具体的には、NURO光 for マンションの契約内容は下記のようになっています。

  • 契約から2年ごとに更新月がある
  • 更新月以外に解約すると契約解除料9,500円がかかる

ですので、NURO光 for マンションを解約したい場合は、NURO光を使い始めた月から25ヶ月目、49ヶ月目…に解約すれば解約金はかかりません。

更新月について

ただし、注意しなくてはいけないのが上記でもお伝えした宅内工事費についてです。

宅内工事費はキャンペーンで実質無料にはなりますが、36ヶ月の分割払い扱いとなっています。ですので、それより前にNURO光を解約したときは宅内工事費の残債は支払わなくてはなりません

 

つまり、

  • NURO光 for マンションは2年間更新
  • 宅内工事費は36ヶ月後に残債が無くなる

この二つを考えると、NURO光を解約するときに余計な解約金がかからなくなる最初の年は、NURO光を契約してから4年後ということですね。

 

契約人数が3人以下になった時は強制解約になる

NURO光 for マンションは原則として4戸数以上の使用者がいないと契約することができません。

では、もしNURO光 for マンションを使用している方が引っ越しなどの理由で減ってしまい、結果として契約者が3人以下になってしまった場合はどうなるのでしょうか?

 

この場合は「NURO光 for マンションは4戸数以上いないと契約できない」という条件を満たせなくなるので、

残りの方もNURO光 for マンションを強制解約される

という事態になります。しかもこのような強制解約の場合も、宅内工事費の残債や契約解除料などの解約金は支払わなくてはいけません。これはとんでもない一大事ですね…。

 

契約する時に非常に多くの方が集まれば問題ありませんが、このような理由から4人ぎりぎりでNURO光 for マンションを契約するのはあまりオススメできないです。もし誰かが解約してしまったら強制解約となってしまって、解約した方も残された方々もあまり良い思いはしないでしょう。

 

ですので、もしあなたが「NURO光 for マンションを使いたい!」と主導で動く場合は、

  • 4戸数だけではなるべく契約しない
  • 長期間使用できる方をなるべくたくさん集める
  • なるべく良好な人間関係の方を集める

の点を意識しながら他の方に声をかけるのが良いと思います。いざ、強制解約になってしまったときに揉めてしまうと、後々の人間関係もちょっと大変になってしまいます。

 

なお、NURO光の契約者が3人以下になっても即日強制解約されることはありません

3人以下になってから一定期間が経過したのちに強制解約になるので、その一定期間中に契約者がまた4人以上になれば強制解約は無くなります。

しかし、そういった時に都合よく4人以上に戻るかはわからないので、やはり4人だけでNURO光 for マンションを契約するのは避けたほうが無難かと私は思います。

POINT契約者が3人以下になると一定期間後に強制解約となる

設備導入工事費は2年間の分割払いとなっている

NURO光 for マンションは設備導入費用がかかる

集合住宅に初めてNURO光 for マンションを導入する際には、NURO光を提供するための設備を建物内に導入する必要があります。そして、この導入にかかる費用のことを設備導入工事費と言います(宅内工事費とは別なので混同しないようにして下さいね)。

 

NURO光 for マンションの場合、この設備導入工事費も契約した方々が支払う必要があるんです。と言っても、この費用はマンションタイプの月額や料金は?の項でご説明したように月額費用の中にコミコミなので、通常は特に意識することなくお支払いはされていきます。

 

けれど万が一、

「NURO光 for マンションの契約戸数が3世帯以下になって強制解約になった時」

は、この設備導入工事費について考える必要があるかもしれません。

どういうことかと言うと、もし強制解約となった時にまだ設備導入工事費のお支払いが完了していない場合、その時残っていたご契約者が均等に分割して、

残りの設備導入工事費を一気に支払う必要がある

のです。

 

まずは分かりやすいように、設備導入工事費の詳細についてご説明します。

  • 設備導入工事費は集合住宅1棟につき60,000円
  • 24ヶ月の分割払いとなっている。つまり2,500円×24ヶ月払い

 

先ほども申し上げた通り、設備導入工事費はNURO光 forマンション契約者がお支払いしている月額の一部に組み込まれているので、通常は意識する必要はありません。

 

しかし、万が一NURO光が強制解約となったときに設備導入工事費の残債がまだある場合は、強制解約時に残っていた契約者全員で残りの残債をお支払いしなくてはならなくなります

例えば、NURO光 for マンションの新規開通から10ヶ月後に強制解約になった時は、「24-10=14ヶ月分」の設備導入工事費が残っているので、「14×2,500=35,000円」を残ったご契約者みなさんで均等に分けて負担しなくてはならないわけですね。

 

この理由もあって、NURO光 for マンションを申し込むときはやはり4人ぎりぎりでは申し込まないことをオススメします。

 

お支払い方法はクレジットカードのみ

NURO光 for マンションのお支払い方法はクレジットカードのみ

世の中には色々なお支払い方法が存在しますが、NURO光 for マンションは、

お支払い方法がクレジットカード払いのみ

となっています。口座振替や払い込み用紙でのお支払いなどは残念ながらできません。

ですので、「クレジットカードは持っていないけど、どうしてもNURO光 for マンションは使いたい!」という方は新しくクレジットカードを作る必要があります。

 

逆に言うとクレジットカードをお持ちでない場合はNURO光 for マンションは使えないので、一緒に使う方を集める立場の方は「全員がクレジットカード払いできるかどうか」をしっかりと確認するようにしましょう。

 

なお、クレジットカードをお持ちでない方は「詐欺に遭いたくない」など何らかの理由があってあえて持っていない方が大半だと思います。

ですので、

「クレジットカードは持っていないけどどうしてもNURO光は使いたい!」

という方がいらっしゃれば、私は戸建てタイプのNURO光をオススメします。理由は、

  • 戸建てタイプのNURO光であれば口座振替もできる

からです。

 

集合住宅でもNURO光の戸建プランは契約できるので、「どうしても快適なネット回線にしたいけどクレジットカードは持っていない…」という方は一度ご検討してみてください。

 

なお、NURO光の戸建てプランは集合住宅プランよりもキャンペーンが充実しており3万円以上のキャッシュバックをもらえるキャンペーンなどもあります。損をしてしまうので、戸建てプランを契約するときには忘れずにキャンペーンを使ってくださいね。

NURO光戸建てプランのキャッシュバック、一番お得な方法教えます!

まとめ:条件をクリアするのはなかなか大変

まとめ

全て読んでみていかがでしたでしょうか。NURO光 for マンションを契約するのは結構大変そうですね。

 

マンションタイプのNURO光の安さは非常に魅力的ですが、

  • 他の方に声をかけて人を集めなくてはならない
  • 使用世帯は4戸以上必要

などの理由から実際に使用できるまでのハードルは決して低くありません。万が一、引越しなどで自分がNURO光を解約するときも、4戸しかNURO光 for マンションを使っていない場合は非常に気を使ってしまいます。

 

ですので、もう一度お伝えすると、

  • なるべく4戸数だけでは契約しない
  • 長期間利用できる方をたくさん集める
  • なるべく良好な人間関係の方を集める

の3点が最も重要だと私は思います。

 

もしこれらの条件が揃わなかったりあまり面倒なことをやりたくない方は、私のようにマンションでも戸建てタイプのNURO光を使うという方法もあります。

実際にNURO光 for マンションを導入している建物はまだ日本で2,000ほどしかないということからも、その契約の難しさが見え隠れしていますね。

 

けれどいくつかのハードルを越えれば、非常に安い月額でNURO光を使用できるので、条件に合う環境にお住まいの方は是非、NURO光 for マンションの導入に向けて動いてみてはいかがでしょうか。