インターネットを快適に楽しむ家族

光回線やスマホなどを契約するときに、みなさんがもっとも重視することはなんでしょうか?

このようにご質問をするとほぼ全ての方が、

・毎月の料金

・インターネットが快適に使えるか?

の2点を”重視する点”として挙げることと思います。

 

料金については契約前に知ることができますね。

一方、「実際に使ってみないと回線速度が速いかどうかはわからない」ということはみなさんも知っての通り。回線を変えた途端にネットが遅くなった経験があるかたもいらっしゃるかもしれません。

 

けれど、光回線やスマホなど通信関係の契約って『一定期間以内に解約すると解約金がかかります』といった契約内容であることがほとんどです。

「ネット回線は使ってみないと速度がわからないが、契約してからだとすぐ辞められない」

ネット回線を切り替える際に慎重になるのは、これが原因の一つとなっています。

 

でも、実際に使ってみてから「やっぱり速度が遅いからすぐ辞めたい!解約して別の回線にしたい!」となることってあるかもしれませんよね。

そんな時、光回線に『クーリングオフ制度』を適用することはできないのでしょうか?

 

結論としては以下の通りです。

  • 光回線にはクーリングオフを適用できない
  • 代わりに”初期契約解除制度”を使って解約できる
  • しかし、この制度を使う機会はほとんどない

このように、光回線は残念ながらクーリングオフの適用外となっています。

けれど、クーリングオフと同様に『8日以内であれば光回線を解約することができる制度』があります。

それが”初期契約解除制度”です。

 

しかし、上でも記載した通り

光回線の新規契約で『初期契約解除制度』を使う機会はほぼない

と考えてください。

なぜかというと、適用できるタイミングがほとんどないからなんですね。これはNURO光に限らず、ほぼ全ての光回線を新規契約する時に当てはまるんです。(詳しくはすぐ下の項で解説します)

 

そこで当記事では、

・初期契約解除制度の詳細について

・NURO光ではこれに代わるキャンペーンがある

ということについて解説していきたいと思います。

 

なお、NURO光の場合は本当に速い回線なので、「NURO光を使ってみたら遅すぎて困ってるんだよ」といった話はほとんど聞きません。

ですので、当記事はコラム程度にお気軽に読んでみてくださいね。

『初期契約解除制度』を使う機会がほとんどない理由は?

光回線は初期契約解除制度があるが、あまり使用機会は無い

初期契約解除制度は、一言で言うと”消費者を守るための制度”です。

具体的には、

契約書を受け取ってから8日以内であれば、解約しても解約金がかからない制度

となっています。

 

初期契約解除制度を適用できるのは”契約書受け取り後の8日以内”

くどいようですが、初期契約解除制度(以下、当制度と記載します)は、

『申し込みをして、契約書を受け取ってから8日以内』

であれば適用できます。

 

ここで重要なのが、当制度は”契約書を受け取ってから”8日以内なら適用できるという点。

そう、実は当制度を適用できるのは工事後にインターネットが開通してからではないのです。

つまり、実際にネットを使い始めてから「やっぱり速度が遅くて不満だから、この制度を使って解約しよう!」といったことはできないということ。これはNURO光に限らず、全ての光回線の新規契約時に当てはまることです。

 

例として、NURO光の開通までの流れは以下のようになっています。

光回線の開通までの流れ

この図を見ていただくとわかる通り、NURO光に限らず光回線の新規契約の際には、開通までに約1ヶ月前後かかります。

ですので、

光回線を新規契約した時には初期契約解除制度は使えない

ということを覚えておいてください。

 

ただし、NURO光の場合はワンコイン体験キャンペーンというものを行なっており、当キャンペーンを使って申し込めばNURO光開通から3ヶ月以内は無料で解約できるようになっています。

どうしても速度に不安がある方はこのキャンペーンを使って申し込めば、万が一の時にも解約することができますよ。

デメリットとしては、3.5万円キャッシュバックなどのキャンペーンを使うよりも金額面で損をしてしまうという点。

 

・万が一の保険でワンコイン体験キャンペーンを使うか?

・キャッシュバックで最大限トクするか?

キャンペーンは一つしか使えないので、どれを使うかはよく考えましょう。

ただ、NURO光は高速がウリの回線なので「遅い」ということは滅多にないですし、私はキャッシュバックが良いと思います。

初期契約解除制度は転用の時に有効

光回線を新規で契約する時に初期契約解除制度は役に立たないことがわかりました。

では、この制度って何のために存在しているのでしょうか?疑問ですよね。

 

実は当制度は”新規”で光回線を契約するときのためではなくて、

”転用”してネット回線を変更した時に有効な制度

なんです。

 

転用とは…

現在、フレッツ光回線を使用している方がコラボ光に乗り換えることを言います。

例えば、現在の環境が『フレッツ光+OCNプロバイダ』を使用中で、ここから『ドコモ光』や『ソフトバンク光』などに乗り換える場合は転用ができます。

※2019年7月1日からはコラボ光からさらに転用することも可能になります

 

転用の場合は、契約から実際に開通するまでの時間は1時間弱。新規契約と違って、その日のうちに新しい回線が使えるということです。

つまり、『契約から数日で契約書が届く』ということを考えても、その回線を吟味する期間は10日ほどと十分にありますよね。

 

なお、NURO光は転用することができないので、「NURO光については初期契約解除制度は全く使えない」と考えてください。その代わり、上述したようにワンコイン体験キャンペーンというものが設けられています。

 

では、初期契約解除制度について全体像がわかったところで、続いては制度の内容について見ていきたいと思います。

初期契約解除制度で全て無料になるわけではない

初期契約解除制度で無料にならなくて困っている女性

光回線の新規契約の際には『初期契約解除制度が使えない』ということはわかりましたが、ご興味のある方のために当制度の詳細も簡単にご説明しますね。

 

当制度の内容としては以下の通りとなります。

  • 契約解除料(いわゆる解約金)は全額免除される
  • 初期事務手数料と、すでに完了した工事費は自己負担する必要がある
  • すでに使用した日数分は日割り計算で請求される

契約解除料はどの回線もだいたい1万円前後となります。当制度を使うと、この解約金は払わなくて良くなるんですね。

しかし、その他の諸々の費用は全額請求されます。工事費は場合によって1万円を超えることもあるので、当制度があるからといってあんまり安心はできなそうです…。

平べったく言うと、

・初期契約解除制度を使えば解約金の1万円は免除される

・それ以外はどんなに高額でも支払う必要がある

ということ。

 

また、元の回線に戻すための工事費や諸々の手数料などもご自身で負担する必要があるんです。

それを考えると、”契約書受領から8日以内に申請すれば絶対に適用できる制度”だとはいえ、正直そこまで使う局面は多くなさそうですね。

 

実際に初期契約解除制度を使うにはどうすれば良いの?

そこまで利用する局面が多いとはいえない初期契約解除制度ですが、もし使う場合はどのように申請するのでしょうか?

 

インターネット回線事業者によって手続きが違うので一概には言えませんが、

どの事業者でも書面での手続きが一般的

となっています。電話での手続きはないんですね。

また、当制度を申請するための書面は自分で一から作成しなければいけないことが多いです。

作成方法は、

・A4用紙に所定の内容を記載する

・契約書をコピーして、それに所定の内容を記載する

などがあり、送る方法は郵送またはFAXとなっています。(事業者によっては郵送のみ)

 

記載する内容については、一般的には以下のような感じです。

  • 氏名
  • 住所
  • 連絡先
  • 解約を希望するサービスの名称
  • 解約したい旨の記載
  • 契約ID(アカウントやお客様ID)
  • 契約書を受け取った日にち
  • 当書面を発送した日にち

これらを読みやすい字で記入して、契約書を受け取った日から8日以内に事業者に送れば、当制度を利用して解約することができます。

補足:どの回線が良いかを契約前に知る方法はある?

契約前に良いか悪いかを知る方法

初期契約解除制度を使えば、すぐに解約しても金銭面の負担を少しだけ減らすことができます。

けれど本来は当制度を使う必要がないのが一番ですよね。

 

どの回線が快適に使えるのかを事前に知ることができれば良いのですが、回線速度は住んでいる環境によって左右されます。

こればかりは、実際に回線を使ってみないことにはわかりません。

 

では、

「どの回線がもっとも快適に使えるのか?」

を事前に知る手段は無いのかというと、それは残念ながらありません。

けれど、あまり良くない回線の契約をしてしまう確率を減らすことはできます

方法は単純で、

単純にクチコミを調べる

という方法です。

どの回線が良いかを確認するには、やはり実際に使用している方のクチコミが一番なんです。

NURO光の良い・悪い評判まとめました 速度は?工事期間は?

 

もちろん、いくらクチコミが良くても、あなたのご自宅の環境によっては回線速度が遅くなってしまう可能性はあります。

けれど、クチコミが良い回線は自分で使ってみても快適に使えることが多いです。これは確率の問題で、みなさんが問題なく使えている回線は、自分も快適に使える確率が高いということですね。

 

クチコミは色々な探し方がありますが、私はツイッター(リンク先はTwitter Japanの公式アカウントです)で検索することをおすすめします(検索だけならアカウント作成不要)。

ツイッターは良いことも悪いことも、リアルタイムの声を見る事ができます。ですので、クチコミを見るのにはうってつけのルーツになりますね。

 

ちなみに、ツイッターの検索で、

「○○(ネット通信事業社名) 遅い」

と気になる回線について検索してみて下さい。

ネットが遅くて困っている方が多いと、やはりそういったクチコミで溢れています。

逆に快適に使える回線だと、「遅くて使い物にならん!」という怒りのクチコミはほとんど見あたりません。

 

気になるネット回線があったら、まずはツイッターでみんなの使用感を調べてみることをおすすめします。

まとめ:初期の解約方法も頭に入れて安心して契約しよう

NURO光の場合は転用ができないのでほとんど関係はない”初期契約解除制度”。

けれど、念の為に当制度のことを頭に入れておくと、今後どのような回線を契約することになっても少し安心感が増すのではないでしょうか。

 

NURO光は文中でもお伝えしたとおり、みなさんの満足度が非常に高い回線です。

私もずっと使い続けていますが、まったく不満なく快適に使えています。

NURO光であれば、あなたもきっと満足にインターネットを楽しむことができますよ^^